期間限定、無料プレゼント中!

油絵初心者は独学でも大丈夫?リアルな絵を描きたい場合は?

 

ふじゆう
ふじゆう
皆さん、こんにちは!
絵描きのふじゆうです。

 

絵を描くことって、楽しいですよね。

当たり前か笑

油絵は、画材の中でも扱いやすく初心者向けの絵の具だと思います。

ただ、覚えることが多くオイルなどの扱いが知っていないと最初は解りにくい部分が多いです。

前置きはこれくらいにして、

油絵初心者は独学でも大丈夫なのかについて、

話して行きます。

 

それでは、やって行きましょー

 

 

油絵初心者の独学について結論から

油絵は初心者でも独学は可能!

結論から言うと、油絵は独学で大丈夫です。

今の時代、インターネットが発達していますし、本などでも学ぶことができます。

私も油絵の関する情報を発信していますので、観てもらっても良いですしね。

私も油絵は独学です。

厳密に言うと、絵画教室で基礎だけは教わっていますが、

ほぼ自分で調べた情報や本などを参考にした知識などで成り立っています。

因みにですが、美大を出た人の話など聞くことがりますが、

そこまで学びにならなかったという人も居るぐらいです。

結局は本人のやる気次第だと思います。

 

 

油絵初心者の独学。デッサン力(画力)について

油絵以前のデッサン力向上は?

油絵に関しては、間違いなく独学で大丈夫なのですが、

それ以前に、デッサン力などはまた別な話になってきます。

絵の基礎力がある人は、水彩だろうが、アクリルだろうが、絵を描くのが上手です。

私もまだまだですが、常に自分の絵に対する反省と改善点を考えていけば、

上達すると思っています。

 

油絵写真者は、独学の前にデッサンを学ぶのは効果的

出来ることなら、

基礎デッサンだけでも学んでから油絵などに挑戦したほうが上達が早いと思います。

ただ、趣味で楽しく描きたいという場合や、抽象画などを描く場合はそこまで必要ないと思います。

ですが、基礎を学んでおいた方が、結果的に絵は楽しく描けるのではないでしょうか。

 

 

初心者のデッサン力の身に付け方

初心者は独学でのデッサン練習はやらないほうが良い?

デッサンは、出来れば絵画教室などで学んだほうが良いです。

何故なら、デッサンには客観的な意見が必要だからです。

自分一人だけで描いていると、どこのデッサンが狂っているか気づけないものです。

家族や友人などでもいいのですが、絵のことに理解のある先生の方が良いです。

指摘やアドバイスを受けながら、練習したほうが間違いなく上達は早いと思います。

 

それでも、デッサンを一人で学びたい場合は本を一冊買って練習するのが良いと思います。

 

 

初心者でデッサンを一人でやる場合のデッサンの狂いの見つけ方

独学、一人でもデッサンの狂いを見つける方法。

デッサンを一人でする場合のデッサンの狂いを見つけるいい方法があります。

それは、描いた絵を逆さまにするか、一度写真に撮って左右反転する方法です。

個人的には写真に撮って左右反転する方法がオススメです。

この方法をすることによって、形の崩れに気づきやすくなります。

特に人物画では有効です。

なんなら、左右反転なしに人物画は描けないと言っても良いぐらい

チートな方法だと思っています。

事実、デジタルで絵を描いている人はプロでも活用しています。

 

良かったら、試してみてくださいね。

 

 

👇関連記事

油絵が下手?デッサン練習をやるべき?おすすめの自宅デッサン法など

油絵の描き方を学ぶ上で欠かせない光の知識 基本編【初心者必見】

 

 

 

油絵初心者の独学は、具体的な目標設定が上達の近道

初心者の上達の近道は、目標設定

絵の上達は、何か漠然と絵を描くより、

明確な目標設定があった方が絵の上達も早いです。

なぜなら、意志の強さやモチベーションで気分にムラが出てしまうからです。

 

英語の例でいうと、

ただ英語をしゃべれるようになりたいと思うよりも、

英語を身に付けて海外の友達を作りたいとかそんな感じです。

 

なんにしても目標は大事

絵の場合は、なんでしょうね。

ただ、絵が上手くなりたいではなく、個展を開きたいとか、

何か大きな賞を取りたいとかでしょうか。

 

何にしてもそうですが、明確な目標設定って大事です。

 

 

 

絵の上達も「継続は力なり」

油絵初心者の独学でも継続することが大事

継続は力なり」ってよく言いますよね。

絵においても非常に大事ですが、実はこれが一番難しい部分だと思います。

継続するためには何が必要か考えたことがありますか?

それは、強い意志(覚悟)明確な目標設定、そして習慣化だと思います。

最初の二つは話したので、習慣化について話します。

 

油絵初心者の独学は、習慣化が大事

習慣化は、それが当たり前の状態になることです。

一番良いのは時間を決めて、その時間になったら勝手に体が動くぐらいになったら、

良いと思います。

まずは、1週間、1か月、半年、1年と段階的に増やしていけたらいいですね。

10年も続けばプロ級じゃないでしょうかー。

 

初心者から独学で絵を学んできた話

因みに私は、絵の道に置いては一度挫折し諦めた身です。

しかも10年も絵を描いて来なかったです。

 

あるきっかっけから、また絵を描き始めたわけですが、

今度は一生絵は描き続けると決めています。

 

傷跡が深いほどどん底に落ちるけど、乗り越えたら強くなれるつていうじゃないですか?

と言うことで、人生において覚悟して今後も死にまで絵を描き続けます。

 

挫折したって良いじゃない人間だもの・・。

人生、色々あるものです。

だけど、再起しましょう!

 

あなたの心の闇は私が払います!

(いや、それはさすがに意味わかりませんね笑)

 

👇関連記事

絵を描く気力のないときの対処法5選!モチベーション維持方法

 

 

 

まとめ

と言うことで、まとめますと、

油絵初心者は独学で大丈夫なのか?については、答えは、「大丈夫!」

リアルな絵を描きたいのであれば、「デッサンは必須!」

でした。

 

そして、油絵を学びたい方は私が教えます!

 

近い将来、オンライン絵画教室をやる予定ですので、

興味ある方は、一緒に楽しく学びましょー。

 

ふじゆう
ふじゆう
では、ふじゆうでした。
また、別の記事で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です